PEOPLEコンサルタント紹介

BtoBの新しい
コンサルスタイルを
リードする存在として

シニアマネージャー O. Munehisa

シニアマネージャー O. Munehisa

ClieXitoの強み×私の強み

私はシステム開発会社での設計・開発・PMをはじめ、デジタルマーケティングやDX(デジタルトランスフォーメーション)領域のコンサルタントとして、また、事業会社のBtoBマーケティング推進者として、多様な経験を重ねてきました。そして、私の強みはこれまでのキャリアを通じて培った専門性の高いスキルとともに、様々な角度からビジネスを俯瞰する視点を持っていることだと思います。
以前からBtoBの世界はDXもマーケティングもまだまだ未成熟だと感じていた中、私がClieXitoへの入社を決意したのは、グループ会社であるブリッジインターナショナルがインサイドセールスのリーディングカンパニーであり、当社がBtoB特化型のコンサルティング・ファームだったことにあります。営業プロセスにおけるエグゼキューションまで一貫した支援を担うという、他社には簡単に真似のできない強みを持っていることに大きな可能性を感じました。
 振り返れば私が事業者側の立場だった頃にも、周囲を巻き込みながら物事を変革していくことの難しさを実感しました。そしていま、ニューノーマルな時代をリードしていくために、当社のBtoBに特化した強みと私自身の強みを掛け合わせ、解決すべき課題のある企業にとっての良きパートナーとして変革に貢献していきたいと思っています。

知見を結集し、チームで課題解決にあたる

企業が抱える課題が複雑化していくにつれ、解決のための知見や方法論にも専門性が求められるようになってきました。つまり、コンサルティングを担う私たちも、漠然とした広い領域をカバーするのではなく、得意とする専門分野を持ち、当社ならではの強みを発揮したサービスの展開が求められているのです。
そのために私の理想とするのは、メンバー同士が互いの知見を共有すると同時に、個々の力が新しい価値を開拓していけるような組織づくりです。今後はコンサルタントが一人で活動するという従来のスタイルも変わっていくのではないでしょうか。インターネットを中心として、様々な情報がタイムリーかつ手軽に得られるようになった昨今、事業分野のトレンドや専門情報に非常に詳しいクライアントも増えてきています。こうした状況下で、今まで以上の良いサービスを提供し信頼されるためには、一人ではなく、複数メンバーの幅広い知見を集めて進行方向を見定め、チームで課題を解決していくことが今の自分が担うべきリードコンサルとしての役割だと考えています。

ClieXitoのメンバーを志すあなたへ

前述したように、私たちは、「自分の知識や経験を惜しみなくメンバーやクライアントに提供していく」、そんなマインドを持った方と一緒に働きたいと思っています。一人のコンサルタントが経験できることは限られていますが、互いが持つものを共有することで思わぬアイデアがひらめいたり、テクノロジーや方法論について新たな視点で議論するきっかけが生まれたりするかもしれません。クライアントが私たちに期待するのは“より良い変化”です。状況に応じて柔軟に変化していくことが、やがて強みにもなっていくとも考えています。
DX領域のコンサルティングを請け負う同業社は非常に多く、今後も厳しい競争が予想されますが、当社は会社とメンバーがともに成長しながら、業界ポジションやブランド力を築いていくための安定した基礎環境を備えています。
コンサルティングという役割に対するやりがいや当社の強みに共感し、今後のケイパビリティやサービスの向上に携わりたいという方を歓迎します。

Profile

O. Munehisaシニアマネージャー

ファーストキャリアはデジタルコンテンツ制作会社でのプログラマー。その後、システム開発会社では設計・開発・PMに従事し、大手広告会社のグループ会社ではデジタルマーケティングやDXのセールス、コンサルタントを経て、バイスプレジデントに就任。さらに、大手流通企業ではマーケティング推進者として、マーケティング/DXの推進に従事。2020年からClieXitoに入社。